皆さんこんにちは!
社長の渡辺です。
今回は空撮の仕事で九州に行ってまいりましたので、そのお話を中心にさせて頂きます。
 
3
九州地方は日本国内有数の空撮地域です。
これは、空撮機にも大きな理由があり、その主たる製造メーカーの多くがお隣の国、
中国に多く、またそのパーツが台湾やシンガポールなどにも多く流通し、
その流れで貿易の盛んな長崎などに多く流通しているためだと思われます。

もうひとつの理由として、無人島を含めた離島が多く存在し、
その記録、調査をドローンにゆだねると言った事が考えられます。

今回、私たちがこの九州に来た理由も、この離島を空撮すると言う目的のためです。
 
1
しかしながら今回の空撮は大きなリスクがありました。
それは初めての目視外飛行、及び夜間飛行でした。

船上よりドローンを飛ばし、 目的の離島に可能な限り接近してグルっと一周。
DJI製のゴーグルを装着しての正に液晶画面オンリーでの操縦。
数年前に取得した、国家資格である陸上特殊無線技士2級が大きく貢献しました!
障害物が全くないため、電波は快調!
約、1.2km先までドローンを飛ばしましたが、
コントロールも受信映像も問題なし!
飛ばす前は不安だらけで、流石に震えもありましたが、
実際は爽快な気分で最高の映像が撮れたと自負しております。

次の日は夜間飛行。
長崎での空撮でしたが、この地は海外からの豪華客船が頻繁に渡来しており、
その豪華客船からの目線で海側から港の夜景をとのご依頼。
 
5
夜間飛行も実に快適に撮影させて頂きました。
そして嬉しい事に、今後はこの九州全域での空撮のお仕事を定期的にと言うお話しを頂きました!
やり甲斐のあるお仕事を頂き、感無量です!
 観光も出来るし(笑
 
そんな中、今回は少しだけでしたが長崎の散策ができました。
 
4
数年前にも訪れた事がある、日本に初めてコーヒーが伝わったと言う長崎 出島。
こちらのカフェでとびきりのカプチーノを‼️
オランダ坂とグラバー園にも足を運び、ひと時の休息を。
 
2
ここ近年は地元企業様をはじめ、全国ネットのテレビ局様など、
多くの空撮のご依頼を頂けております。
この九州での空撮や番組制作を含め、更なるやり甲斐を頂けた事を心から感謝すると共に、
ご期待以上の撮影、制作が出来る様に社員一同、これからも頑張ってまいります。
 

次回のブログは社内一の美心。H.T専務様です。